自己破産@体験からの進め方のヒント

自己破産@体験からの進め方のヒント
借金に悩み、債務整理が頭によぎる方へ、私の、自宅任意売却~自己破産に至る体験をお話します。ご自身の選択の参考にしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
--------__--:-- この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://bankrupted.blog115.fc2.com/tb.php/83-fdc83bcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

グレーゾーン金利 (貸金業法) 改正法の影響 (雑感)

2007.10.24

「5.3 家族名義のクレジット残 3」の記事で書いたように、家族名義で残っているクレジット残2口のうち、1口は、今年の4月以降、キャッシングの金利が、従来の26.28%から18.00%に改定されました。

そして、2007.10からは、もう1口のほうも、従来の28.20%から18.00%に改定されました。

グレーゾーン金利 (貸金業法) 改正法による、業界の対応の流れを、身近に感じるところです。

しかし、そこに、業界に対して、また利用者に対して、十分なセーフティーネットが用意されているのかどうかと思います。

業界はもちろん、もともとビジネスとしてのリスク管理はしているでしょう。そしてまた、新たな対応も考えるでしょう。ちなみに、4月に、キャッシングの金利を引き下げた会社は、同時に一方で、ショッピングのリボ払いの金利を、12.24%から15.00%に上げたのでした。これも対応の一つでしょう。

しかし、クレディアの破綻もありました。そしてまた、利用者への締め付け(信用度基準の厳格化や貸し出し総量規制による貸し出し枠の縮小)もあるはずですから、業界に対してと利用者に対してと、双方へのセーフティーネットは用意されているのでしょうか。よくわかりません。

実際、私が自己破産を決断する際の一つのきっかけとなったのは、昨年10月ころの、ある消費者金融会社の、突然の「新規利用停止」でした。自転車操業でしたが、滞納していたわけではなかったのにです。おそらく、信用度の洗い出しをして、それに応じて貸し出し規制強化をしたのではないかと想像しています。それにより、私は、一歩、自己破産に近づいたわけです。

自己破産を含む債務整理という制度が、最終的なセーフティーネットではあると思いますが、それだけがセーフティーネットではあまりにも極端ではないかと思えます。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://bankrupted.blog115.fc2.com/tb.php/83-fdc83bcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Bankrupted

Author:Bankrupted
2002.5 会社早期退職
株トレード
2004.5 自宅任意売却
2006.11 自己破産を選択
2007.2 自己破産申し立て
2007.3 破産手続き開始
2007.5 免責認可

このようになってしまった経緯と、体験からの自己破産の進め方のヒントを記します。皆さんの「他山の石」となれればと思います。

リンク先ブログの最近の記事(一部抜粋)
1日1回程度更新。「New」は直近1日分。

リンク
相互リンク
検索キーワードのヒント
下記のキーワードをクリックすると、そのキーワードでよく検索されるブログのリストが表示されます。

  • seo

広告エリア
RSSフィード
参加ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦
目次
最近の記事
最近のコメント
「雑感/雑談」記事タグ分類
「雑感/雑談」記事のタグ分類です。各タグをクリックすると、「雑感/雑談」カテゴリー内の関連記事一覧が表示されます。
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。