自己破産@体験からの進め方のヒント

自己破産@体験からの進め方のヒント
借金に悩み、債務整理が頭によぎる方へ、私の、自宅任意売却~自己破産に至る体験をお話します。ご自身の選択の参考にしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
--------__--:-- この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

最近体調不良です (雑談)

2008.8.4

先週水曜日の午前、目覚めのときにふらふらしました。ちょっと普段と違うのでした。なんとなく、体に力が入りません。もともと不規則な生活なので、こういうこともあるのかなと思って、とりあえず何か口にしようと思って食べたかったのは、アイスクリーム。食べました。ちょっと気分が落ち着いてきたと思って、やはり体力が落ちているんだろうなと思って、何か食べようと思って、レンジでチンのピザを食べました。その後、お茶を飲んで落ち着いていたら、急に下痢の気配がして、トイレに。そしたら今度はトイレの中で、上からも逆流のムラムラが来てしまって、その場で、上と下と両方からという状況。

こんなことは、初めてでした。その日の午後は、ふらふらで起きていられない状況で、寝ていました。

それから3日間くらい、とんでもなくヒーヒーハーハーの状態でした。なんとか、おかゆやキャベツいため、大根の味噌汁、バナナなどで過ごしました。熱はないのですが、妙に口まわりが全体に痛いという状況が2日めくらいから襲ってきました。

今は、大分落ち着いてきましたが、完全回復ではありません。まだ、口まわりに痛さが残っています。

いやいや、こういう体調の崩し方は初めてなので、不規則な生活や年齢(50過ぎです)のこともあるでしょうが、ひとつのショックです。

体調のことでも精神的なことでも、悩みの質というものは、年代に応じて変わってくるものなのでしょうね。若いころは、若いなりに悩みました。今は今で悩みます。そういうものなのでしょうね。
スポンサーサイト



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

債務整理への意識 (雑感)

2008.8.6

人間は、どんな考えを持つのも自由です。
同じ人間でも、時が過ぎると違う考え方になることもあります。
どう感じるかも人それぞれ違います。
同じ人間でも、時が過ぎると違う感じ方になることもあります。
解決できない悩みもあります。
過去の後悔もあります。
罪もあります。

債務整理の制度的な救済については、感謝に耐えません。しかし、倫理的な意識については、ある方がおっしゃるように、「金のことは金でしか解決しない」のでしょうね。

「道徳なき経済は悪である。経済なき道徳は意味がない。」のです。

でも、今苦しい方と私は、まずは、自立再生を、目指しましょう。とりあえずの苦しみから救ってもらって、反省して、自立再生を、目指しましょう。

中高年の私には、自己破産しても、ワーキングプアの社会が待ち受けていました。格差社会とはかくあるのかと、痛感するばかりです。

すべてに押しつぶされそうになったら、真夏の真昼の太陽を仰いで、熱中症に倒れて死んでいきたい。

体力が衰弱するときの感覚を最近掴んだから、そういう死に方をするようにでも、がんばるか。

たわごとでした。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

北京オリンピックの感想

2008.8.19

先週は、幸い、めいっぱい仕事ができて、よかったです。

一方オリンピックは、あまり見られていませんが、やっぱり、純粋にがんばっている人たちを見るのは、すがすがしいことですね。

そして、やはり、ハイライトでなく、ライブで見るのがいいですね。本番前後の時間の経過の中にある選手の様子も含めて見るのが、一番伝わってくると思います。

感想の一部ですが、

柔道の内柴の試合後が、映画のロッキーを見ているようで、こんなことも現実にあるんだと、印象に残りました。

柔道の中継の解説をしていた篠原さんが、おもしろかったです。

開会式の日本の選手団の衣装が、黒を基調としたもので、好きでした。



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

雑感2008.8.20

今、コオロギが鳴いている。旧盆を過ぎると、秋の気配が近づいてくるんだなあ。

思えば、せみが鳴き出したのは、7/20ごろだった。真夏の1ヶ月が過ぎたか。

夏と言えば、昔はよく、海やプールに行った。ここ数年、行っていない。なぜだろう。当然、歳のこともある。体力のことも、行きたいという意欲が減ったことも。

家族もそういう時代ではなくなった。友人となんて、そんな若い友人もいない。

これはこれでいいのだろう。人生における時代というものだ。

今のあこがれは、真夏の海ではない。9月に入ったら、涼やかな風を感じて、夏の余韻を残す9月の海に、ドライブしてみたい。

街に出て、銀行に入金などしてきた。各種引き落とし銀行が一つにはできず、3つあるため、毎月そういう手当てをしなければならない。

夕方、仕事の電話が入った。明日から3、4日、また仕事ができることになった。とりあえず、ありがたい。

しかし、仕事のこと、どうしよう。打開策に悩んでいる。やりたくないことはやるなとだれかが言った。しかし、そうもいかない。金は天下のまわりものとも言う。回る人にはまわるんだろうな、回らない人には回らないんだろうな。

オリンピックって、なぜこんなに、人を惹きこむんだろう。だぶん、選手が、純粋に真剣だからだ。だから、伝わってくるのだろう。今日はこれから、陸上男子200m決勝を楽しみにしている。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

雑感2008.8.24

オリンピックが終わろうとしています。

最後のソフトボールの金メダルは、感心しました。陸上の400mリレーも。
普段、触れることの少ないスポーツでも、がんばっている人がいて、それぞれの目標を持って、がんばってきたんですね。すばらしい。

自分も、自分の目標を持ってがんばればいいんだって、思いました。

さっき、先週新たに入った仕事の納品までできて、キャベツと肉をいためて食べました。これから、シャワーをあびようと思います。明日は洗濯しないと。

あと、なんかいろいろ来ている郵便の整理とかしないといけないです。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

人の理解力とはどういうものか -- 大いなる疑問 (雑感)

2008.8.29

歴史は繰り返すという。

それは、人は歴史からは学べないということか。

いくら歴史の事例を知っても、「私は違う」と思ってしまうのか。

はたまた、「自分自身の経験」からも、学べないのか。

痛みは、時がたてば忘れる。「今度は違う」と思ってしまうのか。

「私は違う」、や、「今度は違う」、と思うことは、あっていいことだ。しかし、やってみて、「そうではなかったことがわかった」ということもある。

そういう連続なのか、人生も、社会の歴史も。

じゃー、進歩って、どうすればできるのだろうか。

進歩って、なかなかできなさそうだな、と、思う。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

きのうは人に会いました (雑感)

2008.8.30

きのうは人に会いました。

人に会わないことは、昔、若いころ、すごく不安になることがあったが、最近は、ない。

石田衣良の小節で、「ここ何日も人と話をしていない。このあと人と会ってもうまく人と話せるかわからない」みたいな心情記述があった。若いころは、私もそんな心情もあったなーと思って、印象に残っているくだりだ。

きのう会った人は、けっこうたくさん。

バイトの面接で何人も(ちょっと昼間のバイトを探しています)。

以前つきあいのあった会社に、翻訳の営業訪問。

夜、以前の会社の知人2人と、ちょっと飲み会。

でした。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

人の言語能力についての雑感 (雑感)

2008.8.31

皆さんは、パソコンで和文を入力するとき、「直接入力」と「ローマ字変換入力」の、どちらを使っていますか?

おそらく、「ローマ字変換入力」の方が、圧倒的に多いと推測します。

私は、以前、「直接入力」を使っていました。その理由は、雨の意味の「レイン」を入力するとき、「ローマ字変換入力」だと、「rein」と入れなければなりません。英語のスペルでは「rain」なのに。そういうことが気持ち悪くて、また、英語とカタカナが頭の中で混乱するような気がして、いやだったのです。

しかし、その後、会社でパソコンを使う場合に、他のメンバーが私のパソコンの前に来て、ときにパソコンを操作しながら何かを聞いたり打ち合わせしたりするときに、みんな戸惑うのです。あるいは、私が、他の人のパソコンを操作するときも、私が戸惑うのです。そんな不便さから、やむなく、「ローマ字変換入力」に、自身も切り替えた経緯があります。

切り替えてどうだったかですが、私の頭の中で、「rein」と「rain」で混乱することは、意外にも、ありませんでした。意外だったのですが。

たぶん、頭の中の引き出しが日本語と英語に分けられていて、無意識にでも切り替えしているのではないかと、勝手に思っています。

ひとつの発見でした。

同様なことでもう一つですが、言語能力について、推論していることがあります。

最近まで私は、日本人の子供が英語を学ぶことについて、「日本語の基礎能力が付いてから英語を勉強すべきだ」という考え方に、うなづいておりました。ちょっと前のTVでも、丸山弁護士さんも、そのようなお考えのことを発言していました。(もちろん、幼いころから英語も学ばせたほうがいいという考え方もあるということは、知っていました。)

しかし、少し前、TVで、人間のあかんぼうの成長とはどういうことなのかをテーマにしたNHKスペシャルを見て、思いました。それによると、あかんぼうから成長していく歴史は、人間の能力でいうと、「退化の歴史」でもあるということなのでした。どういうことかというと、あかんぼうのときの「耳」は、大人の「耳」より、はるかに、「音を聞き分ける力」が、あるのだそうです。それが、生まれ落ちてからは、親が日本語を話すので、日本語を判別する能力は高まる一方で、生きていく上で聞き分けなくていい発音は、認識しなくていいものとして、聞き分ける能力が破棄されていくのだそうです。

そこに、私の経験としての、「頭の引き出しは分けられている」という実感を合わせると、たぶん、幼いころから、日本語にも英語にも接していると、バイリンガルな言語理解力と対応する耳が、育ち、そこに、日本語と英語が頭の中で混ざって混乱することはないのではないだろうかと、推測するわけです。

今の時代、バイリンガルであることは、大きななメリットだと思いますので、この先、やっぱり幼いころから、日本語とは別に、英語にも触れさせるような子供の育て方は、いいのではないかと、思ってしまいます。

自分や子供については、too lateですけどね(~_~;)


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
プロフィール

Bankrupted

Author:Bankrupted
2002.5 会社早期退職
株トレード
2004.5 自宅任意売却
2006.11 自己破産を選択
2007.2 自己破産申し立て
2007.3 破産手続き開始
2007.5 免責認可

このようになってしまった経緯と、体験からの自己破産の進め方のヒントを記します。皆さんの「他山の石」となれればと思います。

リンク先ブログの最近の記事(一部抜粋)
1日1回程度更新。「New」は直近1日分。

リンク
相互リンク
検索キーワードのヒント
下記のキーワードをクリックすると、そのキーワードでよく検索されるブログのリストが表示されます。

  • seo

広告エリア
RSSフィード
参加ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦
目次
最近の記事
最近のコメント
「雑感/雑談」記事タグ分類
「雑感/雑談」記事のタグ分類です。各タグをクリックすると、「雑感/雑談」カテゴリー内の関連記事一覧が表示されます。
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。