自己破産@体験からの進め方のヒント

自己破産@体験からの進め方のヒント
借金に悩み、債務整理が頭によぎる方へ、私の、自宅任意売却~自己破産に至る体験をお話します。ご自身の選択の参考にしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
--------__--:-- この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

■■体験談■■↓↓

以下、■■体験談■■↓↓の章です。
スポンサーサイト



クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

1 自己破産のあらすじ~私の場合

2002年5月に、会社を早期退職。リストラ圧力/家計(家族4人)の慢性的赤字(△7-8万/月)から、このままではジリ貧、座して死を待つわけにはいかないと思い、退職金を元手にインターネットでの株トレードを志す。

しかし、勉強期間も含めて2年ほどやるも、850万ほど損を出し、断念。

退職1年後(2003年6月)には、住宅ローン不払いに陥る。このころから、生活費の債務が増え始めた。退職2年後(2004年5月)、自宅任意売却に至る。

その後、個人ベースでのビジネス(翻訳、MLM、商社代理店)を手がけるも、翻訳は安定した仕事にならず、他の2つもものにならず、1年足らずで断念。

退職2年半後(2005年12月)あたりから、再就職を捜すも、思うような収入(月収50万希望)の口は合格せず。このころで、借入金は700-800万になっていた。結局月収手取り31万で、東京の会社と契約し、2005年4月から2006年2月まで勤務するも(妻の実家からの通い)、この間、結局返済と借り入れを繰り返す自転車操業であったが、予想以上にクレジットやローン枠が増えていったため、とりあえず自転車操業を続けてしまった。自分としては、東京の会社での月収増への期待(当初の31万は暫定であった)と、不定期ながら翻訳(日英)の仕事も入ったので、近々の収支の改善を目指していた。

ところが2006年2月、東京の会社が従業員を1/3に減らすリストラを行い、自分も契約を切られてしまった。その後の再就職活動は不振で、いろいろな事情もあり、いったん地方の自宅に戻った。その後、今の収入のベースとなっている翻訳会社に翻訳者として合格したため、4月末から、ある程度定期的な仕事になるようになった。しかしこの間も、借入金は増え続けてしまった。経済的挽回の柱としては、単価の高い特殊分野の翻訳や、インターネットアフィリエイトの研究をもくろむも、挽回にはいたらず、2006年9月、新たなローンを断られるようになり、10月には、既存のローン会社の1つからも新規利用停止を食らい、ついにやりくり不可となってしまい、11月に自己破産に向けて動き出した。

いろいろ調べた結果、地元の弁護士さんに依頼し、2007.2に申請、2007.5に免責認可に至った。

その後、翻訳の仕事をメインにしつつ、新たな収入の道を模索中。

-----------

以下、下記の項目について、書いていきたいと思います。

2 会社早期退職~自宅任意売却

2.1 会社時代
2.2 株トレードの経緯
2.3 自宅任意売却の経緯

3 自宅任意売却~自己破産を選択

3.1 株トレードをやめた後の仕事

4 自己破産を選択~免責認可

4.1 インターネットでの調査
4.2 最初の相談先
4.3 弁護士決定
4.4 その後の手続き

5 その後

5.1 現在の状況
5.2 家族名義のクレジット残
5.3 家族名義のクレジット残 2
5.4 家族名義のクレジット残 3
5.5 自己破産後の人生の目標
5.6 今日の時点で考えること
5.7 「免責審尋」から1年


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2.1 会社時代

22年2ヶ月勤めた会社を、2002.5に早期退職しました。

会社を辞める前の時期、家族4人で、住宅ローンや教育費、親への送金、車のローンなどある中、節約しても慢性的な赤字が続いていました。妻にも節約を訴えましたが、慢性的な赤字は続きました。

サラリーマンとはこんなものなのか、ふつうにやっていれば、自力で家を買い、子供を大学に行かせるくらいできないとおかしいと、以前から思っていました。しかし、まわりを見ても、サラリーマンで、自力でここまでできる人は少なかったです。

このままではジリ貧、子供を大学にもやれない、という重い憂鬱が、毎日の通勤時に襲いました。

そしてまた、サラリーマンとしての重要な業務である、「理不尽」に耐える業務、に、ストレスがすごくあり、いやけがさしていました。上司が対立している部署に対して、やるなといわれることでもやらないと仕事がまわらない状況でした。

ぎりぎりの決断として、座して死を待つよりは、との思いで、会社の、体のいいリストラ手法でもある早期退職に該当する年齢に達したとき、早期退職し、以前から研究していた「株トレード」で身を立てたいと、選択しました。

退職金で、当面のローンなどは返却できます。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2.2 株トレードの経緯

株については、会社時代からある程度勉強していました。しかし、会社時代には、実践経験はわずかでした。株に関心を待ちだしたきっかけは、「岩崎直」という人の本です。この人の、株の調査勉強におけるとてつもない努力と、人生に対して、敬服の念を覚えました。その後、「異銘柄さやとり」や「柴田罫線」「NASDAQ Direct Access Trading」「LoveWhiskyさんの講座」などを勉強していました。

退職後は「LoveWhiskyさんの講座」をさらに勉強し、日本株で、デイトレードを中心にした短期トレードをやろうと決めていました。テクニカル分析で売買する手法です。結果的に失敗しましたが、当時は、甘かったわけですが、漠然とした自信があったのでした。

退職金の、各種ローンを清算したあとの残金で始めました。住宅ローンや生活費も当面そこから切りくずしながらです。

最初は勉強しながら細かくやっていましたし、多少の損もしかたないとは思いました。結果的に多少の損を繰り返し、約1年後、2003.8、1トレードで500万の損を出したのが致命的となりました。その後は、他の仕事もやりながら、細々と続けましたが、2004.4あたりで、完全にやめました。

■なぜ失敗したかの総括

・ 技術の不足
テクニカル分析の技術の精度がよくなかったとは思います。ときには先生とまったく反対の判断をしてしまったこともありました。たとえば、「有意に上抜く/下抜く」の判断における「有意に」というのが掴めませんでした。しかし、今思えば、この技術は、いくら勉強しても、体得できるものには「個人差」があるかと思えます。先生の講座の紹介には、「だれでも習得できる」とあります。この「だれでも」というのは、「だれでもある程度までは」と、解釈すべきだったと思います。

・ 心理的なわなへの認識不足
株トレードにおける「心理的なこと」は、あまり触れられているのを目にしたことがありませんが、これは決定的に大事なことで、私の一番の失敗は、ここにあったと考えています。もしここに早い段階で気付いていれば、私の成り行きも変わっていただろうと思いますが、これは離れてみて初めてわかることで、事前に口で説明されても、実感としてわからないという性質のものなので、やっかいです。

どういうことかというと、以下のたとえのようなことです。

「シミュレーションと実トレードは、ゲームで判断することと、実弾の入った拳銃をつきつけられた状況で判断することほど違う。」
「平坦な床に敷いてある幅30cmの板の上を歩けと言われれば簡単に歩けるが、同じ板でもビルの屋上のヘリに置かれたら、歩けない。」

シミュレーションでは適切な判断ができても、実際のお金がかかっている実トレードで思惑と違う方向に持っていかれた場合、判断がにぶってしまします。損を確定させるのがいやで、また逆に動く理由を捜そうとしてしまいます。あるいは判断を放棄し、どちらかわからないからとりあえず様子を見よう、となってしまいます。そのうち、運が悪い場合に、致命的な損(拳銃で撃たれてしまう/ビルから落ちてしまう)を被るのです。これは、ふつうに陥る「心理的なわな」かと思います。また、そんな状況に陥った当事者自身の中では、このことに気がつけないのです。

もし私が再び株トレードをやることがあったら、新規エントリーと同時に損切りオーダーを出します。そうでないと、動いてからでは判断が鈍ってしまうはずだからです。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2.3 自宅任意売却の経緯

2003.6、住宅ローンの支払いを1度パスしました。6月はボーナス月として、47万の支払い額でしたが、ちょっと待ってほしいという気持ちだったと思います。ところが、2003.7~8にかけての1トレードで500万の損を出したことで、当面待ってほしいという、継続的な不払いに陥りました。

そのころ、「借りたカネは返すな」という過激なタイトルの本と「重い住宅ローンから逃れてスッキリした私の方法」が目に付き、それらを読んだことが「自宅の任意売却」につながりました。

借りたカネは返すな


重い住宅ローンから逃れてスッキリした私の方法


後者の本の著者は、東京の税理士の方でした。漠然と、人生の建て直しをどうはかるかを考えてはいて、もしかしたら自宅売却もせざるを得ないかと考えていました。

一度、その税理士さんに相談に行ってみることにしました。相談料が3万円でした。

いろいろな知識や経験が豊富な方だと思いましたし、自分の中でも、再出発を考えたほうがいいという方向が強くなっていきました。その税理士さんが、そういう案件に詳しいという不動産会社を紹介してくれました。

その後、その不動産会社に相談するようになり、処理方法にはいくつかの方法があった(自己破産もありましたし、はたまた条件を整えられればですが売却してもそこに住み続けられるという方法もあった)のですが、私の場合は、「公営住宅に引っ越す前提での任意売却」の方向で動くことにしました。

そのためにはまず、公営住宅に申し込む必要があります。これは基本的に抽選なので、当たらないと入れません。私の場合、「運よく当たったら入りたい」というのではなく、これ以上住宅ローンを払えない以上「数か月のスパンで事を運びたかった」事情があります。

広報などの情報で、その後数ヶ月で2、3度申し込むチャンスがありました。が、いずれもはずれました。そして、その年の12月、それは定期募集でした。やはりはずれたのですが、抽選会に出向いた折、事務所に立ち寄ったら、「追加募集」というのがありました。物件の中には、人気薄で定員割れや、定期募集開始後に空きが出たりなどのケースで、追加募集することがあるようです。

その追加募集を見ていて、物件は古いが非常に利便性のいい場所にある団地を発見しました。係の人に聞けば、追加募集については先着順で受け付けるとのことです。その場でいろいろとイメージをめぐらせました。とりあえず申し込もうと思い、申し込みました。

後日、正式な申し込み書類を提出に行きました。そうしたら、ちょっと行き違いがあったと思うのですが、「自宅売却済みか、売却中」を証明する書類が必要と言われてしまったのです。その日が受付の最終日でした。すでに不動産会社には売却の相談はしていましたが、正式な書類はありませんでした。現状では「選任売買委託契約書」というようなものがあればいいようでした。それでパニックになりながらも、その不動産会社は地場ではありませんでしたが半日で往復できる距離でしたので、急遽連絡し、「選任売買委託契約書」なるものを作成してもらい、当日受け取りに行き、そのままなんとか公営住宅の係に提出することができました。

入居は、実際に売却されてからの許可になります。それも、半年くらいの猶予でした。

結局、売却できたのが2004.5月で、その公営住宅に入居したのが、翌6月でした。

-----------------------
■1993年2400万で買った物件でしたが、売れたのは900万です。売却後でもローンが1200万残りました。

この時点で、ローンの債権者は、もともとの金融機関の関連の保証会社に移っていました。このローン残については、不動産会社のアドバイスによれば、こういう債権は、保証会社の場合(あるいは債権譲渡された会社の場合は債権を安く買っているので)、いずれ数十万~100万くらいの一時金で解消してもらえるだろうとのことでした。

※本来、担保価値の目減りについての責任について、借主だけが負うというのは、現状日本ではそうなっていますが、他の国では貸し手も負うべきようになっているようです。


クリックしてくれるとうれしいです→人気ブログランキング / にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
プロフィール

Bankrupted

Author:Bankrupted
2002.5 会社早期退職
株トレード
2004.5 自宅任意売却
2006.11 自己破産を選択
2007.2 自己破産申し立て
2007.3 破産手続き開始
2007.5 免責認可

このようになってしまった経緯と、体験からの自己破産の進め方のヒントを記します。皆さんの「他山の石」となれればと思います。

リンク先ブログの最近の記事(一部抜粋)
1日1回程度更新。「New」は直近1日分。

リンク
相互リンク
検索キーワードのヒント
下記のキーワードをクリックすると、そのキーワードでよく検索されるブログのリストが表示されます。

  • seo

広告エリア
RSSフィード
参加ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです
人気ブログランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦
目次
最近の記事
最近のコメント
「雑感/雑談」記事タグ分類
「雑感/雑談」記事のタグ分類です。各タグをクリックすると、「雑感/雑談」カテゴリー内の関連記事一覧が表示されます。
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。